娘のセーラー服を着て不倫をする母親

By | 2015-06-25

娘のセーラー服が、不倫相手の精液でほのかに汚され、精子くさい

参照:

http://blog.livedoor.jp/lolinovel-zero/archives/19135678.html

セーラー服には似合う年齢がある・・そんなこと言わなくても知れた事。

そう。おばさんは不可。幼女はありうる。さらにいうとショタもありうる。けど、BBAは不可。それはそう。間違いない。

若い女限定。だからこそ、セーラー服がいいともいえるんだよな。セーラー服=若い女が着るってことで。けども、例外もあるな。

その一つが、タイトルのとおり、母親が娘のセーラー服着て不倫セックスをする。これは興味をそそられる。

boshi

「お母さん、私の学校の冬服ってどこあるか知らない?」
志津枝はぎくりとした。

たとえば、ある小説のこの書き出しだけで笑えた。これだけでかなりの妄想がふくらむ。はたして、何を想像するか。

「あら………お母さん探しておくから、今日はそれで行ってちょうだい」

夫と娘のさと美、長男の慎を送り出した志津枝は、慌てて寝室に行き、クローゼットの奥の紙袋を開けた。中には娘の学校の冬セーラー服が畳んで入れてあった。

志津枝はそれを紙袋から取り出して、拡げてみた。セーラー服の襟の部分とスカートの裏地の一部が白く糊が付いたようにカビカビになっている。志津枝はその部分に鼻を近づけて、くんくんと嗅いだ。

その部分からは、ほんのりと精液の匂いがした。夫のものでは無い、不倫相手の精液の匂いである。

娘のセーラー服が、不倫相手の精液でほのかに汚され、精子くさい

DSC_2864

吹いた。かなりフェチ心をくすぐられないか?

長男を産んだのはまだ志津枝が17歳の時だった。制服を着るとその当時の記憶が蘇るのは、妊娠当時志津枝が通っていた高校がやはりセーラー服だったからだ。

セーラー服を着た志津枝は、鏡に全身を写してみた。

娘のセーラー服着て不倫する母親。不倫相手もセーラー服フェチなのだろう。17歳で産んで、14歳の娘がいれば、三十そこそこで、まだまだ十台のように若く見える女もいる。

10279fc0bb8e6de89783a

娘のセーラー服を着て不倫セックスをする母。父親である夫以外の男とセックスをする。いやらしい・・。娘のセーラー服を着て尻を突き出して不倫セックス、ちんこをいれてくれと叫びまくる、牝

006

行為の後は、娘のセーラー服の襟で、チンコについた精液と愛液をふき取ったのは間違いない。

 「娘さん、桜ヶ丘の生徒会で副会長されてますよね………僕の娘も桜ヶ丘なんですよ」

「篠崎さんの娘も桜ヶ丘ですか………?やだ、余計な事言えないわね………ふふふ」

017

この男、自分の実の娘のと同じセーラー服を不倫相手に着せてやりまくりか。変態だ。この男、逮捕したほうがいいのではないか(笑)。でも、俺がこの男だったら、自分の娘のセーラー服も持ってくるね。活用方法はお楽しみしだい。

子育ての終わった女はみな、娘のセーラー服を着て、マンコにちんこを突っ込んで、突きまくられたがっているのである(笑)。

boshi2

そして、娘のセーラー服に不倫相手の精液の跡がついているのをみて、微笑む母。これが不倫女の実態。

File0001b

こら、俺の精子もつけろ(笑)!

最高だろう。

参照:

http://blog.livedoor.jp/lolinovel-zero/archives/19135678.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です