[初代アーカイブ] 読者投稿

By | 2015-07-17

※1997年に初公開された初代変質世紀末のアーカイブです。

読者投稿

読者の方より投稿いただきました。ありがとうございました。今は掲示板のほうで随時おねがいします。または、メールで頂いても結構です。

読者投稿1

私がこの趣味に入り込んでしまったのは、ずっと前親戚の家に行った時、そこの中学生の従姉妹のタンスから、セーラー服(夏服)を衝動的に盗んでしまった事が始まりでした。家に持ち帰ったセーラー服の匂いをかぎ、襟でチ○ポを包んでしごきました。すごく出たんです、精液が。襟の線を見るとたまらないんです。本当は汚したくなかったけど、しごいているうち我慢できずに襟の表面に射精してしまいました。

制服は、本来女の子の通学服ですよね。だから「やってはいけない事」と女の子が学校に着て行くものが、本来無いはずのこの部屋にあるというのを思うと、犯してやりたくなります。最近はブルセラショップやフリマで冬服を中心に集めています。その中で汚してもいいセーラー服を決めて、精液をかけています。時々おしっこもかけます。白い線が汚れていくのは無残で、でも快感です。袖口に入れて射精することが多いので、乾いた所に入れてしごくのは痛いです。でもボタンを外して中を見ると、そんなに白くなってないんですね。

体操服の場合は、学年・組の番号と名前が印刷された大きなゼッケンにチ○ポを包んでしごきます。生地が白なのですぐ汚れてしまいます。そろそろ洗濯しないとヤバいですが、制服よりずっと楽です。

 セーラー服(冬服)を一度風呂場で濡らして、ずっしり重くなったものでしごいたことがありますが、後の事を全く考えていなかったので、大変な思いをしました。うちは家族同居なので洗濯機に入れることもできず、脱水ができないので手で押して水を抜きました。絞ったらダメになると思い、洗面器の中で押して水分を出したのですが、部屋に戻ってからも袖口から水がポタポタ落ちて本当に困りました。外に干すこともできません。

※読者投稿お願いします。ペーンネームと題もね。

読者投稿2・妹の知らないお兄ちゃんの世界・変な兄上

実は私は、妹のセーラー服や体操着を用いてオナニーをすることがあるのですが、自分の制服ではないだけにぶっかけることができません。紺色の制服の上に放出すると、丁寧にふき取っても白く痕跡が残るので危険です。誤射を防止するためにコンドームを装着してオナニーしています。しかし、苦労せずにセーラー服を手にすることができる立場にいる以上、あまり贅沢は言えません。セーラー服ぶっかけは今後の重要な課題の一つにしたいと思います。

ところで、制服を着てオナニーするときはディテールにこだわるようにしています。実際の女子中高生が裸の上に制服を着ることはないですよね。だから、私もきちんとブラとパンティをつけ、場合によってはブルマーもはいた上でセーラー服を着ます。靴下もちゃんとはきます。着替えの段階で既にペニスはカウパー氏腺液でヌレヌレになってしまいます。着替え終わったらオナニーの開始です。オナニーは、プリーツスカートの上からなでるようにペニスをもてあそぶことから始めます。次に、スカートの右側にあるポケットに手を入れ、そこから自分をじらすようにぺニスをいじります。そのような段階を踏んだあとで、スカートをたくし上げスカートの裾を噛みしめながら直接ペニスを刺激し、ついにはイッてしまうのです。

終わったあとに一仕事残っています。使用したセーラー服等を元の場所に戻さなくてはなりません。妹はちょっとだらしないところがあり、脱いだ服などをそのまま無造作に放置することが多いのです。そのため、いかにも元通りに自然な形で放置 したように偽装工作する必要があります。これが結構繊細な作業であります。

セーラー服や体操着を使用したオナニーの方法は、これ以外にもたくさんのバリエーションがあり、もっと変質的な方法を用いることがあります。しかし、それについては今回は割愛させていただきます。今度メールを送る機会があったら、そのときに紹介したいと思います。

※読者投稿お願いします。ペーンネームと題もね。

読者投稿3・僕がセーラー服を買った訳・錯覚懺悔

自分の場合セーラー服が好きになったのは、中学校の時に好きで憧れた子のセーラー服を盗んでしまったのが始まりです。

持ち帰ってその子のセーラー服の臭いを嗅いだりスカートを被ったりしてみました。その時の興奮は最高でした。初めてオナニーをした時よりも初めてsexした時よりも強い衝撃と興奮、そして罪悪感。自分でそのセーラー服を着てみた時の恥ずかしさ今でも忘れられません。 そのセーラー服を着たままあの子を想像して、スカート越しにペニスをしごく。もう片方の手でセーラー越しに自分の乳首を愛撫する。セーラーのスカーフを口元に持っていき片方を鼻の穴に入れて、もう片方を口で噛む。そんな哀れな格好の自分を鏡で映す。異様な快感が襲ってくるのです。胸もとからくるスカーフが小刻みに顔や首をかすれてとても気持ち良い。スカート越しにペニスを擦るときスカートが小刻みに揺れて、太股や膝を独特の感触でこすれて行く。そして、セーラー越しに自分の乳首をさする時のセーラーの感触、さする音、もう乳首が立ってきている。ほんのわずかな時間で果ててしまうのです。

そうこうしている間に、盗んでしまった大切なセーラー服もカビてしまたので捨ててしまいました。一度そんな病気になると止められないもの です。十何年たった今はブルセラショップでセーラー服を買うのはやめて、新品のセーラー服を買うようになりました。冬服の白い襟カバーが付いた、中学校用セーラー服とスカート中間服、三本線の長袖セーラーとスカート夏服、中学校用セーラー服に日が当たると少し透けるスカート。これで季節を通じて衣替えができます(笑)。

自分の場合はセーラーもそそりますが、セーラー独特のスカートにもけっこうそそられます。一般の制服販売店で買った物ですが、買うときの理由は、グループの宴会に使うとかボーリングやゴルフの罰ゲームでとか言います。冬服のセーラー服を買った時に、サイズがねーと言ったらお店のおばちゃんが、「着てみなよ」と言ってきました。クリーニングも偶に出していますよ。セーラーは季節が変わる時です。それ以外は自分で洗濯します。スカートは月に一度ぐらいです。そう、今もセーラー服を着ていたりします。

ところでセーラー服を着たとき、スカートの中はパンティーなんでしょうか。何も履かない方が自分は興奮するのですが。

読者投稿4

セーラー服を自分の白い物で胸から、襟から、尻部から思いきり汚すだけでは飽き足らず、胸ポケットの中から、袖口の中まで紺色の制服が白く粉をふくまで、何日もかけて汚し、最後はその汚れたセーラー服を着用した状態で、犯される女子高生を一人で演じてしまう。

制服を胸元から破き、大量のスペルマ(実際は、片栗子を溶かした物に練乳を混ぜたものなんですけどね)を再び全身に浴び、大勢の男達に輪姦される。そんなシチュエーションを作りながら、自分の家の庭で泥だらけになりながら放出したりしております。どしゃ降りの雨なんか降ってたら最高!(親と同居なので、いない夜でないと出来ませんけど)。

そしてその泥だらけ、染みだらけ、しかも胸元破かれたセーラー服をそのまま、ちょっと寂しそうな所へ夜捨ててくると、(わざっと白い3本線を少し見えるように)しばらくはそこにぐちゃぐちゃになってあったのに、2、3日すると無くなってる。誰が持っていったのか、持っていった人は色々な想像をしているんだろうなぁなんて思うのも、ひとつの味わいですよね。

※ペンネームと題、お願いします。

読者投稿5・拾ったスカート・ぶっかけマニア

ある夜、燃えるゴミを出しに行ったら、なんとセーラー服のスカートが捨てられている のを発。思わずあたりを見回して速攻で持ち帰り、よく眺めてみたら中学のスカート。

思わずラッキーと思いながら、きっと可愛い女の子がはいていたスカートなんだろうと 勝手に想像しつつまさぐっていると、ムスコは既にその先端からオツユを滴らしてる。 「そうかそうか。欲しいのか。」と独り言を言いつつ服を脱いで裸になる。 先ず、スカートをベッドに広げると、おもむろにムスコをその表面にゆっくりとこすり 付けていく。オツユが紺色の生地にじんわりと染み込んでいく様に、得も言われぬ快感 が襲ってくるのを禁じ得ない。

しかし何かが物足りない。そうだ。スカートに立体感がないのでリアルさが足りないと 気がついたので、手近にあった大き目の枕にスカートをはかせて楽しむことにした。 本物の立体感には及びはしないものの、それらしく膨らみ感が出たスカートにまたムスコをゆっくりとこすり付けていく。 表面のザラザラとした感覚が伝わってきて今にも発射しそうになり、慌ててムスコを引 き離す。せっかくのスカートなのだから表を精液で汚してしまうのが惜しくなり、スカ ートの中に出すことにした。これなら表面を汚すことも無いし、裏の汚れはしばらくは 目をつぶってもいいと思った。

やせているため、幸いサイズがちょうどだ。日頃使い慣れないので、左側にファスナー があるというのは甚だ不弁なものだ。なぜファスナーは右側に無いのだろう。 こうしてはいてみると、セーラー服のスカートと言うのは意外に重たい。 ムスコは既にいきり立っていて、スカート越しに頭を持ち上げて来ていたので柔らかく もんでいく。あまりの快感に、大量のオツユがスカートの分厚い生地の上にも染み出し てきて、限界が近いことを知らせている。 思わずスカート越しにムスコを握り締めると、5回ほどコスったところで物凄い絶頂感 と共に大量の精液がビュクビュクっと発射されたのが、スカートの生地越しにも感じら れた

考えてみればこのスカートも、生まれた(製造された)ときからこのように男の 精液を吸うことになるとは夢にも思っていなかったことだろう。 そう考えると、このスカートがいとおしく感じられて思わず抱きしめたくなったが、 取りあえず脱いでから発射された精液の処理しなくては、どうにもならない。 裏地を見て、紺色の生地が大量の精液でネバネバ・テカテカと光っているのをティッシ ュで拭き取りながら、早くもムスコはもう一度味わいたいと言っているようだ。 だが、その楽しみは次回にすることにして、拭き取り終えたスカートを元どうりにして から、「とっても良かった。 ありがとうよ。」と心の中で感謝しつつ、スカートの表面 にキスをしてから秘密のボックスの中に仕舞い込んだ。 さて、明日はどうやって楽しもうかな。

※禁無断転載

読者投稿6・僕の体育着・制服フェチ

僕が、制服フェチになったのは中学校入学の時に買った、緑のジャージからです。初めてそれを身に付けた時、そのはずかしさに興奮しとても体育どころでは、なかったです。それからオナニーの時はもちろん、素肌にジャージでしました。それから、憧れていた女子の先輩と同じエンジ色のジャージやブルマーも買い集め中学・高校と母校の女子制服も指定店で買いました

やはり制服は新品のほうが、興奮します。あの生地の匂いや、蝕感がたまりません。また、ジャージも大好きで特にゼッケンの付いたエンジや緑の半チャツク、上下ラインの入ったダサイものが好きです。夜、お気に入りのジャージでランニングします。でも学校指定のダサイジャージ姿と素肌に着ている恥ずかしさとで視線がとても気になります。そんな時は、汗くさいジャージでだれもいない公園の砂場で思い切りジャージの中と外をよごします。

ジャージやブルマーをはいたままの脱糞や失禁、汚物で汚れてゆく体育着たまりまらなく興奮します。制服を着てのオナニーも必ず、ブルマーを付け中出しです。

読者投稿7・制服自縛・変な兄上

セーラー服とSM的行為の組み合わせが好きです。セーラー服の少女を麻縄で緊縛して、たっぷり視姦したあと徹底的に陵辱したい。しかし、実現はまず不可能、ビデオを見て楽しむのが精一杯です。そんなある日見たビデオで、主人公の女子高生が自らを器用に縛り上げてオナニーをするというシーンがありました。即座に「これなら自分でもできるかも」と思ってしまいました。

早速挑戦。まずはいつものように匂いを楽しみながら妹のセーラー服に着替えます。そして、量販店で購入したマニラロープを制服の上に這わせます。ビデオで見たように、首から胸そして股にかけて丁寧に縄を掛けていきます。薄茶色の縄がセーラー服の胸の部分を容赦なく締め付けます。可愛らしく結ばれたスカーフも縄から逃がしません。粗野な縄の色とセーラー服の紺色そして白いスカーフとラインの三色のコントラスト、これを見るだけでペニスは透明な分泌液を増やしていきます。さらに下に履いているブルマーが露出するように、プリーツスカートをまくり上げた状態で股から尻にかけて縄を通します。縄がペニスとアナルのあたりを優しく刺激します。女子の場合、股縄は一本で十分ですが、男は中央にペニスがあるので、股縄はそれを迂回するように二本にした方がバランスがとれます。

ついに、セーラー服のまま自分を緊縛してしまった。セーラー服だけでも十分変質的なのに、さらに縄による緊縛、二重の背徳的行為、言いようのない恥辱と悲哀感でいっぱいになります。体をちょっと動かすだけで縄がきしみ制服にこすれて残酷な音がします。そしてなによりも制服を通して縄の緊縛感が伝わってきます。ブルマの脇から出したペニスは、ブルマーのゴムと股縄に挟まれ常に刺激を受けています。思わずいやらしい声が出てしまう。あまりに感じてしまった自分を罰するために、パンティを口に入れその上からセーラー服の白いスカーフで猿ぐつわをしたら、布の味と感触にさらに興奮するのです。袖口に三本の白いラインの入った手がペニスを刺激しだすと、自分は制服少女をいじめるサディストなのか、それともいじめられている少女自身なのかわからなくなります。猿ぐつわのままで「いやいや」と声を出しながらいやらしく腰をくねらせペニスをしごくと、複雑な思いを抱きながらもすぐに絶頂を迎えてしまうのです。

欲望はエスカレートします。緊縛とはいえ、ペニスをしごくため手は縄から解放していました。セーラー服少女は後ろ手に縛られていなくてはならない。あらかじめ縄に輪を作っておき、それに手を入れて締めあげることにより後ろ手縛りを実現しました。セーラー服を着たまま後ろ手に縛られた自分の姿に、より一層の情けなさと興奮を覚えます。縛られたままセーラーの襟の部分に頬をこすりつけて独特の質感を味わう。最高です。一方ペニスへの刺激は、某書店で購入したピンクローターを使用する事にしました。ペニスにかぶせたコンドームの中にちょうど先端が裏筋のあたりにくるようにピンクローターを仕込むのです。後ろに回された手にリモコン持ち、スイッチを入れるとペニスがビクッと反応します。手でしごかないオナニーは女子の繊細なオナニーに似てるのではないでしょうか。このとき自分は、縛られたままローターを入れられ無様に放置された制服少女になりきっています。リモコンの強弱を繰り返すうちにあっけなく射精してしまうその時まで。 これら一連の自分の姿を鏡に映すのもいいのですが、男である自分の顔は見たくはありません。ブルマーをかぶり目だけを出すようにしています。ブルマーの匂いでさらに興奮が加速します。また、ビデオを見ながら出演している制服少女とのユニゾンを図り、同じタイミングでイクのもありです。類似のバリエーションに体操着自縛、水着自縛などがありますが、もはや説明は不要でしょう。

読者投稿8・ぶっかけの思いで・OKK

ぼくは小・中・高校、放課後密かに女の子の持ち物にいたずらしていました。

小六のとき、放課後に思わず女の子のロッカーをあさってブルマーに触ったの が最初です。そのときやっぱり精液をかけることを考えてしまうのは、みなさん 同じなんですね。僕は裏地の股間のあたりにたっぷり出していました。

中学になるとみんなブルマーはスカートの下にはいていて、ブルマーにふれる 機会はなくなりました。そこでやっていたのが、女の子の上履きに出すことで す。上履きをチンポに引っかけながらしごいて出します。それを知っている女の 子が履いていると思うと興奮したのを思い出します。下駄箱は建物の外にあるの で学校の中に忍び込む必要はなく、現在でも夜中密かに楽しんでいます。

高校になるとさらに厳しくなり、誰も居ない放課後というのがほとんどないの で長い間以上のようなことはできませんでした。しかし高三になって、日曜日に は受験勉強用に教室が開けられていることを知り、早速いってみました。案の定 学校を使っている奴はいませんでした。当時はちょうどブルマーからハーフパン ツに体操着が替わっていたのですが、三人だけ頑固にブルマーをはいている女の 子がいました。その子の置いているバッグをあさると・・・・あった!僕は久し ぶりのブルマーを楽しむことができました(もちろん三つとも股間を汚しまし た)。そのとき、クラス全員の体操服にチンポや出した精液をこすりつけまし た

大学になるともうこんなことはできません。制服買おうかな・・・・と思う今 日この頃です。

読者投稿9・制服フェチ….僕の場合・ちゃーるず

ほかにも同好の方がいらっしゃるようですが、僕はジャージが好きです。 きっかけは良く覚えていないのですが、中学校のときまでさかのぼると 思います。僕の学校は男女とも無地の紺色のジャージだったのですが、 ポリエステル100%の体にとてもよくフィットするもので、男女ともに 股間の様子がとても良く分かるものでした。(当時はこれが普通だった) 家でのオナニーは、自分のジャージを身につけながら、いろいろな女の子 の股間を思い出してしたものです。中学校3年になると、指定ジャージが 無地から2本線入り紺色のものにかわり、僕の場合はいままでのジャージが古く なったという理由で修学旅行を機にジャージを新しくしました。当時の 中学校はいまほど校則はきびしくなく、体育のときのジャージも、別に指定 されたものでなくてもよかったので、体育の時間は(指定ジャージが切り替わった こともあって)いろいろなジャージを見ることができました。 (体育は男女いっしょだった)

高校では無地の綿100%丸首のもの(男子が紺色 女子は空色)で、ジャージ とは呼びがたいものでしたが、それでも女子のジャージ姿には興奮していました。 ある日、体育のときクラスの男子のだれかがジャージを忘れてきて、学校に ある「忘れ物ジャージ」を身につけることになったのですが、なんとその時には 女子用のジャージしかなくて、死ぬほどうらやましく思ったものです。

大学に入ってから一人暮らしをはじめたのですが、このときから現在まで ずっと、寝るときは買い求めたどこかの中学校の指定ジャージで過ごしています。 大学のサークルの合宿でも、就寝時は紺色の2本線のジャージをきましたが、 だれも気にしていなかったようです。(いまだと変人扱いかも…) 僕が好きなものは、ダサイといわれている無地または2本白線いりのジャージ でポリエステル100%、裏表が同じ材質のものです。(裏に綿が入って白っぽく なっているものは許せないっ!!!) 最近はこのタイプのジャージも少なくなって さみしい限りです。また、興奮するのはジャージをはいている女の子が、 ジャージを吊り上げる姿です。体にフィットするジャージだとこれで股間の 形が明確になることが多いのですが、これにとても興奮します。 中学生のとき女子更衣室を覗いたことがあるのですが、このときにたまたま 着替えをしていた女子がジャージを盛んに吊り上げて股間を刺激しているのを 目撃したのがきっかけでした。 あと、ジャージを身につけること自体にも興奮し、よく朝のジョギングに でかけています。でも10年前ならいざ知らず、現在ではとても度胸が 必要ですね。残念なことです。

読者投稿10・女子高生になってみたい

女子高生の制服は、大好きで す。私の場合、セーラー服よりも、スカート、ブラウス、ベスト、ブレザーの組 み合わせが好きです。それに、SM的行為がからんでくると最高です。私の場合 も、お姉さんの女子校の制服がブレザータイプで、お姉さんが卒業した後は、家 族に隠れて着ていました。そのときは、もちろん、着ているだけで、家族に見つ からないかとひやひやしながらで、それがまた、よかったです。

一人暮らしをは じめたあとも、ブルセラショップで制服を買い、家の中でそれを着るということ が続きました。そうする内に、もとは、制服着てみたいという感じだったのです が、着て女子高生になりたいという感じにかわりました。私は、背も低く小柄だ ったせいもあります。女の子になるにはと、カツラをかって、下着などもそろえ て、化粧品もそろえて、完全女装になってしまいました。もちろん、むだ毛はす べて処理しています。完全女装して制服をきると本当に女子高生になった気がし ます

このあと、手を後ろに回し、手錠をして。あるいは、縄でしばって(自分 ではうまくできないのがたまにきず)、監禁された女子高生を演じます。そのと きは、AVビデオ(シネマジックのSMビデオ)をつけて、ときには、柱に、バ イブをくくりつけて、フェラをさせられている感覚を味わいます。そうやってオ ナニーしています。また、女子高生姿のまま、外に出て、そのときは、1時間く らい歩いて、遠方まででかけ、公園の便所でオナニーをしてもどってきます。遠 方にいると、すぐには着替えられないしそういった感じがたまりません。

読者投稿11・匿名変態

僕も最初は「好きな女の子の体に接触した下着や服が欲しい」という欲望から始ま りましたが、 途中からは制服、ブルマー、スクール水着その物に興奮するようになり、別に女の 子がいなく とも、それらの衣類のみでも興奮するようになりました。ですから、このホームペ ージに掲載 されているブルマーの写真を見ているだけでも、たまらなくなってしまいますね。

手記に書かれていたインターネットの普及がもう少し早く実現されていたら、僕も 自分のコレ クションを撮影して掲載してみたかったですね。以前は相当数の衣類を所有してい たのですが、 やはり自分の生活の都合上ですべて処分してしまいましたので、今となってはとて も残念です。

僕の女性衣類に対する欲望としましては、パンティ、ブラジャー等の下着類、ソッ クス、ブル マーと体操着、スクール水着、制服類、クラブ用ユニフォーム等が中心になりまし て、バリエ ーションのアイテムとして、上履き、靴、鞄等の持ち物類全てが入ります。 最初は中学校教室のロッカーから、好きだった女の子の学校ジャージを盗んだのが きっかけだ ったのですが、それからはそれらの行為がエスカレートしてしまい、かなりの数の 衣類を盗ん でしまいました。さすがに下着泥棒で捕まるのはいやですから、ある時期からは止 めたのです が、今でも洗濯物として干してあるブルマーやスクール水着を見かけますと、不埒 な妄想をし てしまいます。

フェティッシュなオナニーも、最初は憧れの女の子が身に着けたジャージの裏地の 匂いを嗅い だり、舌を這わせながらするオナニーで満足していましたが、次第にそれだけでは 物足りなく なりました。 最初にしてみたのは、やはりそのジャージを裸の上に着てみることです。女の子の ジャージを 着ているという倒錯感にも興奮しましたし、また自分自身がその女の子になりきる という感じ も好きでした。あのポリエステルの感触一枚越しにするオナニーの感触も最高です ね。 一度汚してしまったジャージは、それ以降は汚し専用になり、もうかけるところが 無い程に汚 していました

ジャージは学校に置いて行く子が多かったので、安易に手に入ったのですが、さす がにブルマ ーともなると教室に置いていく子がいなかったので、しばらくは手に入りませんで した。そん な僕は休日になると女の子の家を巡って洗濯物なんかを鑑賞して欲望を充たしてい たのですが、 やはりどうしてもそれらの物が欲しくて、夜中に洗濯物を泥棒するようになってし まいまいま した。 最初はたまたま夕方に近所にいた幼なじみの家の前を通りかかったら、天気が悪か ったせいか 軒下にブルマーが干してあるのを見かけた時です。もしかしたら、一晩中そこに干 してあるの かもしれないと思うと、いてもたってもいられなくなり、真夜中に家を抜け出して そこに行っ たのです。案の定想像どうりにまだブルマーが干してあったので、見つかりはしな いかと心配 しながらも干してあったブルマー、体操着、パンティを盗んでしまいました。それ以降は夜中に外を徘徊するようになり、見境いなくコレクションを増やしてい ったんです。

そんな事をしてしまい自己嫌悪にもおちいりましたし、悩みもしましたが、思春期 で増大して いた性欲の前にはなすすべもなく、欲望のままに行動していました。 しかし、盗んでばかりいると相手も警戒するようになるだろうとは思いましたので 、一時期か らは、夜中や休日に学校に忍び込んでフェティッシュな思いをとげながら置いてあ るジャージ、 笛、上履き等を使ってオナニーし、しばらくインターバルを置いた後にまた盗むと いうパター ンを繰り返していました。

衣類を使ってのオナニーもバリエーションが増えてきて、コレクション全てを身に つけてオナ ニーしたり、下着やブルマーをズボンの下につけて学校に行ったり、外出したりも するように なりました。そのような事をしているうちに、フェチの想いにくわえて、女子の衣 類を使って 変態的な行為をしている自分自身にも興奮してしまうようになり、そのような行為 をする時に は、なるべく思いつく限り変態的なことをしたいという気持ちになりました。

もうそれからは変態行為はエスカレートする一方で、学校に浸入する時はあらかじ めパンティ ブルマー、体操着等を着用した上に服を着て出かけ、浸入後はブルマーや体操着姿 で校舎を徘 徊し、オナニーをしたりおしっこをもらしたりしましたし、他のクラスの女の子の 机の上や机 の中に入ってる物や、上履きの中に射精したりもしました。休日の学校に浸入した 時は床にジ ャージを並べて、その前でオナニーしたりもしました。 これらの行為は学校内だけには留まらず、深夜の屋外等でもするようになりました し、その時 に人気がなければブルマー姿や全裸にブルマーをかぶった姿で興奮していました。

下着泥棒の方も「盗む」という変態行為自体に興奮するようになってしまい、もっ と異常な状 況の中で盗んでみたいという気持ちが沸き起こりました。そして盗む時はあらかじ め服の下に 着用していたブルマーやスクール水着になったり、全裸になったりして盗むような こともしま した。盗まないまでも、洗濯物を使ってその場でオナニーして汚し、また元のよう に干してく るということもしていました。夏場等は夜中にスクール水着を干してある事が多か ったので、 よくしていました。

読者投稿12・僕がセーラー服を買った訳続編・錯覚懺悔

絶好の機会は、夏の水泳大会でした。あの子の水着姿をずっと見ていたいが触れる事は出来ません。計画を胸に置きながら 腹痛を理由に、始まってすぐ大会を抜けだしました。目的は憧れの彼女のセーラー服です。

学年全員が着替えるだけの更衣室はありません。1階の教室が男子、2階の教室が女子、と言う振り分けです。幸いにも僕も彼女も普段 から2階の教室です。勝手がわかるのですぐに彼女の教室に向かいました。 教室の扉を開けると、机の上や椅子一面にセーラー服が置かれています。 彼女の着替えた場所は何処だろうと、セーラー服の上着にある名札を確認する為 一つ一つ畳まれた制服の名札を確認します。なかなか見つかりません。 順番に見るのは止めて、いつもの彼女の席を確認しました。何の事はありません。普段の席に、着替えたセーラー服が畳まれています。

眩しい程に白いセーラー、 折り目が綺麗に光を受ける紺のスカート、彼女が普段から来ているセーラー服 とても格調高く触れる事など出来ないはずの物が、自分の手に触れました。 セーラーの襟元を撫でながら胸ポケットの当たりを手で押しつけてみます。ここにあの子の乳首がと考えながら鼻を押しつてみました。次はスカートを手で持ち、片方の手でスカートの内側に手を入れてみます。 ここにあの子のお尻が、と考えながら、スカートの裾で顔を覆ってみました。 心臓がドキドキするのが解る程に興奮しています。

今度はこのセーラー服を自分で着て見る事にしました。 中学生の頃の自分が小柄で彼女よりも小さかった為に、何とサイズがピッタリで、 自分の制服のようです。セーラーのスカーフも付けてみました。スカートのウエスト も大丈夫ですが、少し丈が長めです。彼女と一緒にいるような異様な興奮と温かさ が押し寄せて来ます。一物は一段と元気を増し、スカートの中腹部を 持ち上げています。制服のスカート独特の肌触り、少しざらついた生地に規則 正しい折り目、体を動かす度に、スカートが擦れて興奮が増して行きます。 粘液がスカートの内側を少し湿らせてしまいました。

彼女のセーラー服を着たままで、彼女の席に座りながら彼女の持ち物を調べました。 手提げ袋の中には冷たいお茶がありました。少し飲んでから、注ぎ口や周りを嘗め回しました。一面が唾液です。まるでキッスをしているような錯覚に陥りました。自分の溜め込んだ唾液を注ぎ口から流し込みます。とても卑猥な気分で一杯です。お茶を元に戻して、更に奥に手を伸ばします。タオルの下にパンティーとブラジャーを 発見しました。匂いを嗅いでから被ってみました。最後は履いてみました。

その時、廊下の方から数人が教室に向かって来る音が聞こえました。 とっさにセーラー服を脱ぐ事も出来ず、自分が脱いだ服を机に隠して、窓から出てわずかな戸井部分にしゃがみ込んで通り過ぎるのを待ちました。しかしこの2階の戸井部分は外から丸見えです。セーラー服を上下着込んだままの姿が外から丸見えなのです。 誰かが来て見られてしまうのではないか、女子が帰ってきてしまって、ここから 出られずにいる自分がバレてしまうのではないか、と思うとハラハラドキドキです。 しかし幸運な事に誰も来ませんでした。教室に向かって来た足音はそのまま 通り過ぎて行きました。慌てて窓から教室に戻り、セーラー服を脱ぎました。制服を元のように畳み直して彼女の席に戻しました。

そして自分の服を着て 教室をでましたが、彼女のパンティはしっかりと握り締めていました。 そっとポケットに入れて何気ない顔をしながら、水泳大会のプールへと向かいました。 そして何事もなく大会は終わり下校時刻になりました。 あの子の教室を覗くと彼女は不安げな顔をしながら帰り支度をしています。 何故なら、 セーラー服で登校した彼女にはジャージもブルマも無い事を確認済みです。 そして自分のポケットには、あの子のパンティがあります。 今教室を出てくる制服姿のスカートの中はノーパンであるのです。 荷物を取る時も、靴を履くときも腰を下げずに、ぎこちない格好です。 少し歩きかたも硬く何時もより内股で片手でスカートに手を触れています。 そんな姿が自分をとても興奮させます。 彼女の直ぐ後ろを歩きながら、さっきまで自分が着ていたセーラー服を眺めます。 制服のあの部分に一物をこすり付けた事を思い出しながら、後ろ姿を追います。 少し距離を置きながら、彼女が家に入るまで後を追いました。 足早に歩きながら。しきりにスカートの裾や後ろを気にする姿にはとても欲情します。 そして自分も家に帰り、彼女の姿を思い浮かべながらパンティを顔に押し付けて 興奮の坩堝と化したのです。

セーラー服を盗んでしまったのは、学校に遅刻して全校朝礼に出遅れた時でした。 誰も居ない校舎、あの子の教室に忍び込みました。彼女の席を探し当てると、椅子には セーラー服が掛けられ、机には制服のスカートが一つ折りに畳んでありました。 思わずそのセーラーやスカートに触れて、顔を押しつけながら臭いを嗅ぎました。 心臓が高鳴り、倒れそうな程の興奮が押し寄せて来ました。興奮状態の中で自分が裸 になりその場で彼女のセーラー服を着てみました。 自分が一体何をしているのか解らなくなる興奮です。 しかしそんなに時間がありません。誰かの声が教室に近づいて来ます。 慌ててセーラー服を脱ぎ、自分の服を着ました。 しかし、どうしてもその重みがある冬セーラー服が愛おしくて仕方がありません。 急いでセーラーとスカートを丸めて自分の教室に持ち出し手提げ袋に入れました。 しかしこのままでは他の人にバレてしまいます。その袋を体育館の裏にある茂みの 一角に隠し置き、授業が終わってから持ち帰る事に成功したのです。 そして夜中になってから セーラー服を着て学校へ行き、彼女の教室に忍び込み、彼女の席に座り思う存分 自慰に更けました。それからは彼女への思いから、何時しかセーラー服への思い へと屈折して行きました。制服がとてもHな物である事に気がついたからです。 今は、セーラー服を着て過ごせる時がとても楽しみです。もちろん現在もセーラー服をちゃんと着ています。

読者投稿13・中学校に侵入

そう、あれは受験勉強の真っただ中の高三の頃でした。 勉強・勉強の嵐で荒れ果てていた僕の心を満たすものといえばオナニーだけ でした。とは言ってもただのエロ本・ビデオをオカズにしたオナニーではなく、 学校から帰宅する途中にある中学校内教室でのオナニーです。 僕の母校であるR中学校はそれはもう赤子の手をひねるがごとく簡単に侵入 できたのです。 ある日、性欲が爆発しそうだった僕は中学校でのオナニーを企てました。 まず、まだ明るいうちに裏玄関から校内に侵入し、入ってすぐ近くにある窓の カギを開けておきます。それから夜になるまで、カギを閉めるものがいないかを 監視しながら外で待機します。案の定、校舎に誰もいなくなった後もカギは 開いたままだったので、楽々その窓から入ることができました。 暗闇と静寂が支配する夜の学校は不気味でしたが、性欲が高ぶっている 状態にあってはそれもたいして気になるものではありませんでした。 校舎一階は教室が無いので、すぐさま二階に上がり、階段から一番近い教室 に入りました。教室は真っ暗(あたりまえですが)。すぐに僕は蛍光灯をつけます 。

早速、教室後部にある女子のロッカーを二つ三つ拝見してみることにしました。 その結果、二枚の黒のショートパンツと一枚の体操服をゲットしました(さすがにセーラー服はありませんでした。残念です) うれしいことに体操服のほうは、洗濯前のもので汗でかなり湿っていたのです。 僕は匂いを嗅ぎまくってから、体操服を棒状に丸めて舐めたり吸ったりしました。 塩っからい汗の味はどれだけ舐め続けても無くなることはありません。 そのときの自分は体育の後で汗びっしょりになった少女の上半身を、舐めまわして いるのと同じ状態だったのです。そんなことを想像しているうちに僕のペニスは 一気に勃起状態にまで上り詰めました。  ひとまず体操服のほうは置いといて、ショートパンツをどうしようか考えましが 、 ちょうどその時、尿意を感じていたのでおしっこをかけることにきめました。 黒のショートパンツ二枚を木製の机(ようするに生徒の机)に並べて置きます。 僕は、そそり立ったペニスを無理やり指で下方に向け、黒のショートパンツにおし っこ をしましたこのとき初めて気付いたのですが、勃起状態ではおしっこはいつもの ように勢い良く出ません。(僕だけかもしれない・・・)それでも、ちょろちょろ と少し ずつおしっこは、ショートパンツにかかっていきます。二枚交互に満遍なくかけ ました。少しずつなので、全て出し終えるまでに10分くらいかかりまりたね。 さすがに、すべてのおしっこは吸収しきれず、ショートパンツにできたシワの谷間 には おしっこが少量溜っていました。

おしっこで汚された黒いショートパンツ。誰もいない教室に立ち込める強烈な アンモニアの臭い。そしておしっこが机から床に滴り落ちる音。 オナニーをするのには最高のシチュエーションでした。たまらず体操服をチンポに 巻き つけて激しくしごき、すぐに絶頂を感じた僕は、「いくっ、いくっ」と何度も言い ながら、 ショートパンツめがけてスペルマを放出しました。パンツの上にできたおしっこの 水たまりに精子がプカプカと浮いていました。今思えば、この光景を写真に撮って おけば 一生の宝物(ズリネタ)になっていたことでしょう。でも、何も知らない女子生徒 が 精子と小便で汚れきったこのショートパンツを履くのかと想像するだけで十分でし ょう。  最後に、僕はおしっことスペルマでビチョビチョのショートパンツをぞうきん代 わり にして、この教室女子全員の机の上を丁寧に擦り込むように拭いてあげました。

読者投稿14・高校にも侵入

前にお話した体験談について、「作り話だろっ」とか少しでも疑っているのなら それは過ちです(笑)。高3の時、本当にやっちゃったんです。めっちゃ気持ち 良かったです。ということで、今後も度々体験談をお話ししていこうと思います。 経験豊富なほうですから(爆) 母校R中学校。先日、改装工事を始めました。築うん十年、老朽化のためです。 おそらく侵入の難易度は格段に上がると思われます。くやしーーー。でも隙あらば いつでも挑戦したいですね。あっ、そうだ侵入と言えば、本日夜半、地元K高校の 侵入を企てました。しかし、どこのカギも開いておらず、しかも見回りの警備員ま でいました。けっこうヤバかったです。高校さんもなかなかガードが堅いですね。 今度ぜひ、自作のPickingToolを使って侵入してみたいものです。でも本当に自作 のもので、ドアのカギが開くのか疑問です。

今回、何故K高校侵入を目論んだかというと、実は今月のお盆(確か15日だっ たと思います)になんと!正々堂々(笑)、正面玄関からの侵入に成功していた からです。お盆だけあって、学校にいる生徒もほんの数人、しかもその生徒は私服 全然、怪しまれることはありません。(こちらもお古い学校なんです。) ほとんどの教室の金製ロッカーを調べましたが、夏休み+お盆の日の学校に制服を 置いたままの生徒はいません。 でも二人の女生徒の体操服+メラルドグリーンのショートパンツをGETしました ○本さん(体操服の胸元に名字、刺繍してありますよね。)のほうの一式は洗濯も せずに(カビの斑点が一カ所だけありました)ロッカーにほったらかしのまんまで した。女の子なのにだらしがないですよね。まったく。でもうれし(笑)。 ○本さんのほうはおうちでのオナニー用としてちゃかり持って帰りました。 もう一人、灰○さんのほうはこの学校内で汚してやることに決定。男子トイレに 直行しました。小便器のほうでやると、もし人が来たときやばいので無難に個室 に入りました。和式だったのでウンコが落っこちる部分?に体操服を広げます。 そこには薄く水が溜っているので、すぐに体操服はびっちょりになりました。 もちろんこの時点でペニスはビンビンです。ちょっと痛いですが勃起したチンポを 下に向け、立ったまま(僕自身)体操服に小便をかけました。 黄金水という表現にかなった色のおしっこです。 今回、この前より勢い良くおしっこを放出することができました。おしっこが体操 服全体にかかるようにするために、腰を前後にグラインドさせます。 バチャ、バチャという音を立てながら止めどなく、汚い小便が体操服にかかってい きました。この時のためにおしっこを我慢していたのが功をそうしたのかもしれま せん。最後の一滴まで絞りだした後、僕はグリーン色のショートパンツを裏返しに して、ちょうど股の部分にチンポを擦りつけオナニーしました。でもそれだけでは 射精できず僕は急いで女子トイレに行き、個室のごみ箱から血で染まってない ナプキンを取ってきました。それをグルリとチンポに巻きつけしごくと、その 肌触りのおかげですぐに射精できました。もちろん体操服入り便器にスペルマ 放出です。さすがにこのままでは臭すぎるので便所の水で流して洗濯してあげて、 それをロッカーに戻し、帰宅したのです。

このように学校への侵入は、狙う日を充分考慮し勇気を持っていけば成功すると 思います一度お試しになってみては・・・・・・・いや、いや実行してはいけませ ん(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です