[初代アーカイブ] 鈴鹿女子中学生殺人事件

By | 2015-08-01

※1997年に初公開された初代変質世紀末のアーカイブです。

鈴鹿女子中学生殺人事件

 


セーラー服マニアがこうじて凶悪犯罪を犯したという例です。裁判所の資料からです。 

 1 わいせつ目的略取・強姦致傷・窃盗 
平成2年7月10日夕方、千葉県流山市内で、下校途中の14歳少女を見て、拉致して強姦しようと考えた。被告人は、背後から車を接触させて転倒させ、車のトランクに押し込んで茨城県結城郡内の農道上まで連れて行った。そこで、強姦しようと殴るなどの暴行を加えたが、少女が隙を見て逃げたため強姦できなかった。しかし、被害者は加療約2か月を要する傷害を負った。また、少女が遺留した学生手帳等を盗んだ 
(被告人は、被害者を全裸にして性器を弄び、性器に傷害を負わせている。)

suzuka3

 「下校途中」の14歳ですから、中学2~3年の制服姿の女の子ですね。トランクに押し込んだところをみるとケガでぐったりしていたのかもしれません。そして寂しい農道まで連れていっていたずらをやりたい放題したのでしょう。「殴るなどの暴行」「被害者を全裸にして」殴ったり蹴ったりしながら制服をはぎとっていったのでしょうか。「学生手帳等を盗んだ」これがよくわかりません。しかしあとの事件をみると、後で被害者宅に侵入して制服を盗むという目的もあるような気がします。また「等」ということは、持ち物(学生鞄や体操服入れ)なども盗んでいると思われます。制服も持ち去っているかもしれませんが、後の事件のように書かれていないので被害者がすきをみて制服だけはなんとか着て逃げたように思います。「性器に傷害」ということは、おそらく処女膜裂傷でしょうね。何をしたんでしょうか。強引に指を何本もいれるか、何か異物を挿入されたのかもしれません。 

 2 強盗致傷・殺人・死体損壊遺棄 
平成4年8月25日朝、三重県鈴鹿市内で、犬を連れて散歩していた14歳少女を見て、拉致して強姦しようと考えた。そこで、背後から車を接触させて転倒させたが、大怪我を負わせてしまったため、強姦はあきらめ、犯行の発覚を免れるために車をバックさせて轢き殺した。その後、亀山市内の石水渓で、死体を鋸で7つに切断し、池に投棄した。 
(なお、被告人は、死体切断前に屍姦に及んでいる。そして、死体投棄後も、浮上した死体を犬の死体と偽って同僚に手伝わせるなどして何回も投棄し直し、結局2年余りも発見されなかった。)

これは凶悪犯罪です。14歳なので中学2~3年の女の子ですね。犬を連れて散歩しているので制服を着ていませんけれども。「死姦に及んでいる」のですが、この犯人は結局一人も強姦できなかった(挿入できなかった)のですが、死姦だけはできたようです。 

 3 わいせつ目的略取未遂・傷害・窃盗 
平成5年5月25日昼、新潟県西蒲原郡内で、自転車で下校途中の16歳少女を見て、拉致して強姦しようと考えた。そこで、道を尋ね、少女がメモ用紙に道順を書いているすきに、頭をプラスチックハンマーで何回も殴り、加療約2週間の傷害を負わせたが、少女が逃走したため、拉致できなかった。また、少女が遺留した学生手帳等を盗んだ

 「下校途中の16歳」なので、高校1~2年生の制服姿の女子高生です。これは白昼堂々と拉致しようとしているようですね。かなり田舎なのかしれませんがすごいです。しかも事故を装うふうでもなく、いきなり暴行しています。ここでも「学生手帳等」を盗んでいますが、おそらく持ち物全部を盗んだのでしょう。 

 4 わいせつ目的略取未遂・傷害・窃盗 
平成5年6月21日夕方、新潟市内で、自転車で下校途中の15歳少女を見て、拉致して強姦しようと考えた。そこで、後方から自転車に車を追突させて転倒させ、加療約1週間の傷害を負わせたが、少女が逃走したため、拉致できなかった。また、少女が遺留した学生手帳等を盗んだ

 「下校途中の15歳」なので、中3か高校1年生の制服姿の女子生徒です。ここでも「学生手帳等」を盗んでいます。 

 5 住居侵入・強姦致傷・窃盗2件 
平成5年7月28日深夜、新潟県西蒲原郡内で、住居に侵入し、寝ていた16歳少女に対し、外に連れ出して強姦するため、右目内眼角付近をケガキ針(全長19センチの金属製工具)で突き刺し、脳内に達する傷を負わせた。そのうち、被告人は、その場で強姦しようと考えを変えたが、性器が勃起しなかったので強姦できなかった。少女は、この結果、入院加療約7か月を要し、右目失明等の重篤な後遺症が残った。 
右犯行の2ヵ月前と1ヵ月後にも、被害者方で、学生服等を盗んだ

suzuka1

 これも凶悪事件ですが、理解しがたいです。「寝ていた16歳少女」というのは、親が留守で一人で家にいたのでしょうか‥。いずれにしろ記事をみるとかなりストーカー的につけまわして、家の様子なども熟知していたようです。「2ヶ月前と1ヶ月後にも、被害者宅で学生服等を盗んだ」というのがすごいです。おそらく街で美しい制服姿をみかけ、あとをつけて自宅を確認し、まず制服や体操服や下着などを盗んだんでしょうね。それらのグッズで強姦をイメージしながらオナニーなどをしているうちにも、ストーカー行為はつづけ、とうとう実行に及んだのかもしれません。しかしこのような凶悪行為のあとにも、制服を盗みにはいるとは‥。よほどその子の制服にフェチを感じていたのでしょうか‥。 

 6 わいせつ目的略取・傷害・強姦未遂・強盗 
平成5年12月1日夕方、福島県麻邪郡内で、下校途中の13歳少女を見て、拉致して強姦しようと考えた。被告人は、背後から車を接触させて転倒させ、その際、加療約15日を要する傷害を負わせた。その後、少女を車の後部座席に乗せて新潟県東蒲原郡の山林内路上まで走り、車内で強姦しようとしたが、少女が未成熟だったため、強姦できなかった。また、被害者から着ていたセーラー服等を奪った 
(被告人は、肛門に浣腸液を注入し、着衣をはぎ取って山中に置き去りにした。)

suzuka2

 「下校途中の13歳」なので、中2くらいのセーラー服姿の女子中学生ですね。これは拉致が成功して寂しいところまで行ってやりたい放題やったようです。「未成熟だったため、強姦できなかった」とありますが、いざとなってペニスが立たなかったというのが本音のようですね。ただし、記事をよむとかなりの変態行為はやっているようです。「肛門に浣腸液を注入」とあるので、セーラー服のまま思いつくかぎりの変態行為をしたことと思います。また、後の記事にありますが、犯人は犯罪現場はすべて撮影していたようです。「被害者から着ていたセーラー服等を奪った」「着衣をはぎとって山中に置き去り」やはりセーラー服が欲しかったようです。しかし12月に山中に裸で置き去りというのはひどいです。 

 7 その他、新潟県内で、クリーニング店・学校・商店・民家などから女子中高生の制服等を盗むという窃盗が9件ある。

「クリーニング店」というのが目の付け所がちがいます。学期末などの時期をねらって、気に入った制服の学校の地元の店に侵入したのかもしれません。商店も制服店でしょうね。これをみると新品の制服でもよかったようです。学校に侵入しても制服はないので、ブルマ・体操服やスクール水着などを盗んだのでしょう。 

犯行に至る経緯ないし動機として、次の様な説示がなされている。 
被告人は、昭和59年に高校を卒業した後、オートバイ整備の仕事につき、この年、初めて同僚女性とセックスした。 
被告人は、その後も数人の女性と性交渉をもったが、女子中高生の制服に異常な興味を示し、民家に忍び込んで盗むなどした上、自ら着用したり、交際相手に着させてセックスしたりした。やがて、本物の女子中高生とセックスしたいと思うようになり、平成元年11月頃、当時交際していた女性(後に被告人と結婚し、本件発覚後離婚している)と2人で車に乗って少女を物色し、追突させた上、車に乗せ、妻が運転している車の車内で少女の制服を脱がせて体を触るなどした。これに味をしめて、以後一人で本件各犯行に及んだ。 
被告人は、平成2年4月に結婚し、2人の子供をもうけたが、その後もセーラー服等の窃取をやめず、妻に被告人が用意したセーラー服や下着を着せて強姦類似のセックスを繰り返し、平成6年3月に新潟に転居した際には、2階の1室を独占してセーラー服や女性下着を秘蔵し、妻にもセックスの際にしか立ち入らせない有様だった。 
(妻は、かつて別の男性に強姦されたことがあり、そのことを被告人に告白したが、被告人は態度を変えるどころか優しく応じてくれたので、被告人の望むことなら何でもして上げたいという気持ちになっていたという。しかし、夫が深夜外出して朝方セーラー服を入れた袋を下げて帰って来るのを見たり、夫の部屋から、女子中学生が地面の上に倒れているところを撮った写真を発見したりしても、なお被告人を問い詰めることもせずに、盗んで来た下着等を着用してセックスに応じるなど、その心情は私には到底理解できないものがある。)

suzuka4

 「女子中高生の制服に異常な興味」凶悪犯罪に、セーラー服窃取などがつきまとっているので、制服趣味が高じたのでしょう。セーラー服などは部屋がいっぱいになるほど収集していたようです。「深夜外出して朝方セーラー服を入れた袋を下げて帰って来る」すごいですね。夜中、セーラー服をねらって街じゅうを徘徊する姿がめにうかびます。なんとしてもセーラー服をGetしたかったのでしょう。制服に対してフェチがあるのと同時に、どうしてもセーラー服を着た本物の女子高生を強姦したかったようですね。制服盗難だけでも犯罪ですが、フェチにとどまっていたならこんな悲惨なことにはならなかったでしょう。「写真」最近のこういう犯罪者はかならず写真撮影を行うようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です