変質世紀末トーク(1)

未分類

初出: 2006/12/9

はじめに

ぼるの某今回、変質世紀末トークということで、サイト開設者の Kek-Magic氏とトーク形式で、いろいろ聞いてみたいと 思います。相手をしますのは、私、かねてよりKek氏とある間柄にあります、 「ぼるの某」と申します。

Kek-Magicはい。どうぞよろしくお願いします・・本当にトーク形式でお願いしちゃって(笑)。

ぼるの某はあ、そうですね。こうして改まってするのも変というか ・・でもまあ、 そのほうが、いろいろと話も出やすいでしょう。 で、さっそくなんですが、まず、私、ぼるの某とKekさんとの間柄といいますか、 その辺なんですがね。

Kek-Magic そうですね。まあ、私もインターネットは結構 古いんですね。だから、 まあ知り合いはいますよ。あやしい人ばかりですがね(笑)。それでまあ、 ぼるの某氏もその辺ですね、というわかったようなわからないような感じです が(笑)。あれですよね。ぼるの某さんも某あやしい系サイトの開設者ですよね。

ぼるの某 まあ、そうですね。けっこう、その、サイトも、みんな複数サイト あげてたり、いろいろな稼業をしてたり、そうこともありますからね。私は あれですね、Kekさんの知り合いというところでいえば結構新しいほうかもしれませんね。

Kek-Magicそうですね。まあ私はインターネット前からいろい やってますからね。ぼるの某さんはどれくらいでしたっけ。

ぼるの某私は、ITバブルの頃でしたかね。思い出すと。

Kek-Magic で、今回のテーマは?

ぼるの某 なんでもありです(笑)。まあ、サイトの開設事情から、やりたいこと、これまで やってきたこと、打ち明け話、その他もろもろです。よろしくお願いします。

開設の経緯

ぼるの某 ・・ということで、いきなりですが、まあ私もKekさんがやっているフェチ系にはかなり 興味があるんですよね。セーラー服とか制服とか、体操服とかそういうの、質感が 大好きで、それだけでたまらない、という気持ちがありますね。 でもKekさんは結構この系統では有名な人だとか。

Kek-Magic どうなんでしょうかね。まあ知ってる人は知ってると思いますよ。他のサイトとか 掲示板でもそう言ってるのとかたまにみたことあるし。まあ、自分としては ずっとこだわりがあったということは思うんですよね。それでね、まあ、 自分に合うコンテンツってなかなかないなあ、そう、ずっと思ってたわけですね。 というか、ずっとっていうか最初からね。

ぼるの某 たとえば?

Kek-Magic まあ、たとえばといえばきりがないけども・・(笑)。まあ、あれですかでね。まずは ひとことでいうと、これです。「セーラー服もののAVなのにセーラー服を脱がすなよー」、 ってのあるじゃないですか、セーラー服フェチだから脱いでほしくないわけですよ。 それが最低限ですね。まあ、セーラー服着たままセックスしてるAVだけでも 何か希少価値のような気がしてね。

ぼるの某 なるほどね。それはありますよね。パッケージで「セーラー服」といってるのに、 ブレザーだったとか。

Kek-Magic そうそう、それは許せませんよね。でも、そんなのばっかりでね。

ぼるの某 なぜそういうのばっかりになるんでしょうね。世の中のフツーの趣味の人々にとって みれば、セーラー服でもブレザーでも「女子高生」ということでいいんでしょうかね。

Kek-Magic だからあれです。制服は二の次なんですよね。普通の人にとってみれば。制服フェチが 違ってるのは、制服が好きということなんですよね。中身は実はどうでもよくなって しまっているというか。まあ、自分の場合は女の子も十分好きなんだけれども、 制服がやはり第一だね。街あるいてても普通の女の子にはあまり目をくれませんね。 でもセーラー服の女子高生だと、もう、目がいってしまう、というより、目が いってしまっていることを周囲の人間に気づかれないか、びくびくしてしまう、 というか(笑)。

ぼるの某 今の話で本物の女体よりセーラー服 がいいってことは、人にはあまり理解されないでしょうね。私もまあ そのフェチ的気持ちは理解できるんですけど、でもKek-Magicさんの世界は ディープですよね。よりディープだと思う。むしろ、女の子のカラダには 全く味ないんじゃないか、というか。

Kek-Magic いや、別に女性も抱けますし、射精もできますよ。女性にセーラー服着せたりとか、 手元にセーラー服がないとセックスできないということもないし。 ・・セーラー服あったほうがいいのは当たり前ですが。 でも、フェチ的にはディープだと思いますね。性向的には。 ただ、これが世間一般にどうなのっていうところにくるとよくわからないんですよね。 ほんとうに、自分みたいな人間がどのくらいいるのだろうかという。

ぼるの某 インターネットやってみると、同じ趣向をもったサイトをみつけられますね。

Kek-Magic そうなんですよ。だから、自分はあれです、インターネットやる前からパソコン通信 とかもしていたんですが、そのころから、セーラー服や体操服、ブルマの売買とか ありまして、入手をしていましたね。当然ブルセラショップにも行ってたわけだけど。 でも、そういうのとか、当時のセーラー服フェチぽい雑誌の 台風クラブとか、みてたんですが、なかなかそういうマイナー趣味というのは なくてね。まあ、その手の雑誌みたり、ビデオ屋でセーラー服ものを探したり しました。いいものはありましたよ。まあこのサイトでも紹介しようとは思って いますけど。けどまあ、そういういろいろと漁ったんだけど、結局自分の 求めるものはないなあ、と思って、インターネット始めてから サイトを開設してみましたね。あれはいつだったか、まだ、1996,7年のころだったかな。

ぼるの某 インターネットにも求めるものはなかったんですか。

Kek-Magic ああ、一応、それ以前と違ってインターネットはすごいな、と思いましたよ。 なぜって、画像があるでしょう。画像が簡単にアップロードしたり、サイトに来た 人にみてもらえることができるんです。それがね、パソコン通信とか以前のものと 比べて絶対的によかった点ですし、違いましたね。でもまあ、サイトの現状といえば、 自分の求めるものは一応はあったんです。コレクションした女子高校生の制服を 画像にとってアップロードしていたりとか、セーラー服やブルマを販売していたりとか ね。最初はもう本当に興奮しましたよ。そうしたセーラー服の画像がインターネットに アップロードされているという事実だけでそれをみながら、 かなり抜けたものです。だから、自分でもそういう画像をアップしてみたい、 そしてサイトをつくりたい、そのサイトをみてオナりたいという気持ちに させられました。

ぼるの某 Kek-Magicさんのサイトをみてると、タイトルが「変質世紀末」ですよね。それと、 やっぱり何というか、普通のエロサイトとは明らかにちょっと違っていて、より、 純粋なフェティシズムという気がするし、ちょっと変質的だと思うんですが、 いかがなんでしょう。そういう意味だと、確かにインターネット上にはない ですよね。

Kek-Magic いや、ないんですよね。変質世紀末と似たようなサイトは少しありましたが、 やはり少しずつ減っていく傾向にありますね。似たようなサイトからはほとんど連絡 をもらったりこちらからしたりしました。やはりね、マイナリティーという気は しますよ。フェティシズムは、ネットでいろいろしらべると、髪フェチだのブーツだの足 だのおっぱいだのが多いんですよ。で、一方で、女子高生ものというジャンルが あるでしょう。これだと、援交だの、生パンみたいな方向になってきちゃってフェチではない。 それで、あれなんですね、つまり、女子中・高校生の純粋フェチ(セーラー服とか)って のも、実はすごく市場がありそうなんだけと、純粋フェチなんて、あまりない ですね。もう全部、援交とか痴漢とか、のぞきとか、そっちの軽いものにいって しまっていて、セーラー服とかいっても、それの余興みたいな扱いになってる。

ぼるの某 なるほど。それは私も思うてんですね。やはり制服の魅力に迫った作品、といったら 限られますからね。

Kek-Magic そうなんです。ですから、自分の趣味に合うコンテンツを集めたいサイト。この 一念なわけですよね。ただ、そうやっていく中で、 掲示板に優れた投稿をしてくださったり、いろいろな 写真をくださったりした方がいまして感謝しています。 そのかたがたは、今サイトを開設されている方もいますし、いまでも連絡を とりあったりしていますね。

ぼるの某 だいたいこういうところが開設にいたった経緯ということですね?

Kek-Magic そうですね。まあ、結局自己満足でしかないわけですが、この気持ちがわかる人にはぜひ味わってほしいコンテンツにしたいなという思いがあります。

変質世紀末トーク(2)へ つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました