レイプ映画「私は絶対許さない」感想

Uncategorized

これはいちおう実話らしく、15歳の処女の女子中学生が、5人の不良に帰宅時拉致され、一晩中輪姦レイプされる(その後風俗嬢になる)という映画です。

原作の小説がありますが、その本はだいぶ前からすでに読んでました。

小説の冒頭の輪姦レイプの描写は、実話なのでさすがにリアルな感じ!分量は少ないですが、なんといっても、「実話」なので、何回も抜きましたねえ・・。

で、そのうちに映画化されることになりました。

その映画の宣伝画像がなんと、この、セーラー服!!!

これは期待しました。待望の「セーラー服レイプ」。当然、期待大で見てみたのです。

そもそも、原作のほうでは、制服レイプではありませんでした。

でも、映画では「セーラー服レイプ」に変更になっていました。「セーラー服で拉致輪姦された」設定に「変えた」わけなので、「セーラー服のまま」犯したり酷いことをするシーンが強調されるに違いないって思ったんですよね。

近年は、女性サイドのクレームとして、「セーラー服のレイプシーンは止めてほしい」という要望があるようです。それは女性からしたら生々しくて最高度に残酷からでしょう。

だから逆にこのような尖った映画では、「セーラー服処女レイプ」という、女性からしたら最高に残酷な描写になるのかなと期待しました。

ちなみに映画では輪姦のシーンは下記のようなシーンになっています。

この画像では、セーラー服が脱がされて放置されているのが小さく映っています。全裸にされ、正常位で入れ替わり男たちがのしかかって腰を振っています。

残念ながらセーラー服を着たままのレイプではなかったですね・・。

夕方に駅前で、男たちに拉致されたあと、翌朝までこんな感じでレイプされまくるのです。

私は、セーラー服を着たまま縛られて犯されたり、各種の恥ずかしい恰好をとらされて犯されたり、放尿排泄などの各種の鬼畜的な恥ずかしい行為をされるのかなあと思ったのです。

が、それはとくにありませんでした。(せっかく拉致したのに、なぜ皆でそういう楽しいことをやらないんだろうという気もしますけどね・・(笑))

まあ、最後は何とかセーラー服を着て、逃げます。

メイキングのインタビュー画像とかではセーラー服姿があります。

冬なのでコートを着ていますけどね。

夏の雨の日の、泥だらけの野外レイプとかなら映像的にもよかったのですが。

原作では、拉致される途中のバンの中で、恐怖でおしっこをもらして服を濡らしてしまったり、口淫を強要されたりとかのシーンもありますが、映画ではあまりインパクトはなかったですね。

このレイプ映画、女性からみたらかなりリアルで怖いらしいです。その辺が男にはよくわからない点があります。

まあ、正直、輪姦レイプの話は映画の冒頭だけなんですけどね。後は全部、輪姦された女性が不幸になるという話が、長々と続きます。

けど、その辺のオンナの身の上話ははっきりいってどうでもいいです(笑)。

「セーラー服レイプ」を見たかっただけなんで・・・(苦笑)。

ま、しかし、レイプ映画の一つとして、一度見てみるくらいの価値はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました